無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
なかやまきんに君

爆笑レッドカーペットアワードを見てて思ったことがあったんで、

書いておきますね。

なかやまきんに君についてです。

実はボクはきんに君で笑ったことがなかったです。

というか、今のところない。

でも、ボクは芸人に対して面白くないで切り捨てるのは、

自分のチャンスを狭めることじゃないかと思ってまして。

だって、実際笑っている人がいるのに、

その気持ちがわからないっていうのはもったいないでしょ?

 

レッドカーペットアワードのトップバッターとして出てきたきんに君。

でも、ボクはやはりちっとも笑えなかった。

でも、現場にいる芸人や審査員はものすごく盛り上がっている。

きんに君ってだいたいこういうパターン。

ということは、逆に言うと、

実物を直で見てこそ、伝わる部類の面白さなんじゃないかと。

テレビを通じてでは、迫力とバカバカしさが伝わらないんで、

笑えないのかもしれない、とちょっと思ったわけです。

 

それがわかっているから、プロデューサーも、

きんに君とたむけん(彼の場合はガヤがいないと成立しないから)

だけはVTRじゃなく、

実際にその場でネタをやらせたんじゃないかな。

想像しても、きんに君のVTRみんなで見て、

大うけ…って図が浮かばないもの。

 

というわけで、そうなると、

きんに君のネタをライブで見るべきですね。

う〜ん、一応考えてみますww

 
| いまじん | お笑い芸人 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://imajin726.jugem.jp/trackback/1166