無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
さまぁ〜ずさまぁ〜ず 1月14−21日
 

さまぁ〜ずさまぁ〜ず 2週分です

1月14日


冒頭、ヒゲがうまく生えないって話。

そこから、ナビの話に。

大竹「厚木の先まで行くんでナビ登録したら、

高速降りる直前に『厚木渋谷方面右です』。

そこについたら右が厚木、左が渋谷方面。

思わず左行ったら、逆だった。

厚木渋谷方面ってどっちだよ。

あぶなく中央分離帯に突っ込むとこだった」

 

できれば見たくない女性の仕草。

大竹「路上でツバを吐いてる女性」

三村「歩きタバコとかね」

大竹「そんなところでしか吸うとこないか?」

大竹「ひじでアイスコーヒー引っ掛けたときの

リアクションとか。冷静にやってほしい」

三村「駐輪しているところをダダダダと倒して

逃げてくおばさん」

大竹「便所でカンカランカランってすげーうるさいやつ」

三村「相撲始まっちゃったの?みたいな」ww

三村「きついタートル脱いでる、(顔)シューの女の人。

ヌ〜、ポン!」

大竹「突如、虫が来たときの豚みたいな顔」

そして大竹「意外とパンチラ。隠しなさいってなっちゃう。

例えば記念写真撮ったとき自分の彼女がパンチラになったら

お前なにやってんだよ、ってなるよね」

三村「修学旅行の集合写真で少し見えてんのが、

俺が4番目に好きな奴でよかった。トップはダメだよ。

4番目だから興奮できた」

三村「女の人がウンコしてる顔なんか最悪ですから」

大竹「なんで知ってんだよ」

三村「だいたい……死んでるでしょ」

三村「新幹線とかで開けちゃって、すいませんすいませんって」

大竹「だめよ〜閉めて閉めて〜」

三村「おばさんになるほど冷静でしょ」

 

話変わって

大竹「2人で楽屋にいて、後輩来たとき、

(三村が)ほっといちゃうときあるでしょ」

三村「シャイボーイ出ちゃうよね。

せっかくお芝居とかライブとかやって、

着てくれてんのに、黙っちゃうっていう。

お前そういうとき、「最初から見れました?」って

必ずいうよね」

大竹「最初っから見てほしいし、

お前が黙ってるから。ダメだよ」

三村「考えてんだよ、しゃべること」

大竹「一人だけいなくなることあるんだから」

 

三村「鶴瓶師匠が『差し入れのあれ、おいしかったやろ』

って言われて、『おいしかったです』『どんな味した?』

試すんだよ。『なんかぱりぱりして…』『お寿司なのに?』」

大竹「そのあと師匠にあって、『これ食います?』って

言ったら『俺のやつや!』って怒られた」

大竹も自分が持ってきた差し入れを、知らずに他の人が

「どうですか?」と勧めてきたときに、

大竹「これ僕が買ったんですけど、とはいわねえよ」

三村、大阪から取り寄せた有名店の食べ物とか、

いっぱい並んでるところに、マネージャーに頼んで買ってきておいて

もらったコンビニおにぎり10個くらいが、

「三村さんからの差し入れです」って書いておいてある。

三村「しかも、すぐ下のコンビニで。」

結論は、

三村「臨機応変に!」

 

大竹の矢作最低説。

大竹「留守電で矢作から『暇なとき連絡くださ〜い』って。

おはようございますも失礼しますもなにもない。

しかも連絡よこせという。山崎にその話したら、

次の日電話で山崎が「謝りたいという人が…来てもらえますかね?」

行ったら矢作が、「すいません…私ちょっと飲みすぎておりまして…。

通常ボクが厳しく後輩に言ってるんですけど、

意外とボクがやってしまいました」

さらに大竹「ライブやってる最中に、

若手から、ライブやってるんでよかったら来て下さいって。

アンテナ張っとけって」

三村「正月になるとドロンズ石本から

今年もよろしくお願いしますと年賀状。

毎年よろしくしてないのに。つぶやきなんか

年賀状が鉛筆書き」

 

同じポーズができるかな?

ボディビルダーのキメポーズ ○

ダメ人間 ×

つぶやきシロー ○


さまぁ〜ずさまぁ〜ず 1月21日


大竹、カレーに福神漬けが少なかった。

もう少しくれないか、と店員さんに頼んだら、

「わかりました。特別サービスです」

山盛り持ってきた。福神漬けとの戦いに。

「これ以上出せませんよ」と。

言っといて残すのはありえない。

 

三村、名前が覚えられない。

安田美沙子は安田でもなく、美沙子でもなく、

安田美沙子。番組の後半でも、フルネームで。

いつまでフルネームで言ってんだ。

三村「美沙子ちゃんって……

美沙子ちゃんって言ってる俺41歳」

大竹「変態みたいだね」

三村「考えすぎかも知んないよ。Qさまで優香が

みちゃみちゃって言うと、それに乗っかって

みちゃみちゃって言える。でも、優香がいないのに、

急にみちゃみちゃって言ったら引くでしょ?」

 

大竹、また医者に。薬剤師と。

「カノナールはブルフェンより強いの?」

「ただボンタールだけは…」

三村「うるせえよ! ボンタールとブルフェンが一番うるさい」

大竹「ヒーローはロキソニン」

ヒーローの定義について。

大竹がもらった高麗人参。全面ガラスで開けるとこがない。

三村がマイナスドライバー持ってきて、

大竹「手が危ないんじゃないかな?って。

ザシってここ差してやんの。ヒーロー血出てんの。

気い遣わすヒーロー」

大竹「モヤさまで自動販売機の俺、固ってえの開けんのやなのよ。

必ずこいつに開けてもらうのよ」

三村「ガチャガチャのな」

大竹「バチンって血出てんの」

 

三村、家で力仕事。水のタンク3つを2階に。

1つ、2つ、

三村「3個目行こうとしたときにかみさんが

もうほんといいから。もうほんとひざがぐちゃぐちゃだから。

実は私できるから…」

家での存在感がない。

三村「たまに5歳の優羽がパンツを下げてくる。

それはやめなさいって。恥ずかしいから」

 

よく見るロケ弁の値段当て

崎陽軒「シウマイ弁当」780円

喜山飯店「お弁当B」1050円

津多屋「のり弁幕の内弁当」1050円

 

 

| いまじん | さまぁ〜ずさまぁ〜ず | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://imajin726.jugem.jp/trackback/1209