無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
やりすぎコージー 元相方を探せ

やりすぎコージーはいつのまにか

ワンテーマで一時間押すんじゃなくて、

いくつかの企画を織り込むようになったんですね。

 

ひとつめ「元相方を探せ」

WAGEは確かに記憶はあるなあ。小島よしおは後から知ったけど。

大学のサークルからデビューしたお笑いグループで。

そして、なんだかんだいって、みんな笑いの世界に

近いところで仕事してるのがほほえましいというか。

 

森ハヤシ フジテレビを蹴ってWAGEに戻り、現在アミューズで構成作家。

岩崎宇内 構成作家

槙尾祐介 結婚相談所でお見合いパーティーの司会兼芸人

野中淳 ストリートミュージシャン 「骨〜骨〜骨〜♪」

 「あらびき団」ありじゃないっすか?

 

そして、トークが下手だったWAGEで小島が

トークドリル作ってきた話。面白い。

小島が採点ってww

 

今田「誰が一番WAGEで辞めたがってたの?」

手を上げる岩崎。「もうほんとにトークとかも全然だめで…」

東野「声元気ないやん!」ww

 

そのせいか、出てきてネタをやっても

それほど違和感なかった。

ただ、ジョビジョバなんかにも言えることだけど、

グループでやっていると、お互いのバランスで

役割が決まってきてしまうので、

偏った能力しか発揮できなくなってしまう。

応用が利かなくなっちゃうんですね。

だから、こうやってピンで活動している中で

再びイベント的に集合するのが

いちばんいいかたちなのかもしれない。

 

やり終わった後、岩崎が「またみんなでやりたいね」って

言ってたのが、よかった。

 

友近の元相方。コンビ名は「ディープ・キス」

元相方のらくさぶろうさん。

コンビの漫才、なぜかオチがブラック。

 

桂楽珍

徳之島 「投票率、108パーセント」

 「選挙期間になったら食べないでくださいのおにぎりが来るんです。

 普通おにぎりやったら梅干とかはいってるでしょ

サランラップで一万円包んで…30年前の話ですよ」

カッパとの会話

 嫁連れて初めて帰ったとき、

 「勉強部屋の小窓をカッパが開けて、『お前結婚したんか?』」

Bコースタケト「師匠はだってカッパとカエル語でしゃべったんですから」

楽珍「そう、おがぁぁご…?こんな感じでしゃべる…」

今田「っもう、帰れ!」

ここから、楽珍一派との抗争コントに。

 

絵日記にカッパのことを娘に話したことが書いてあり、

楽珍「娘にうそつきますか?」

それに対して、今田「楽珍兄さん。ホンマに家族いるんですか?」

ジュニア「そもそもほんとに文珍師匠の弟子なんですか?」

カッパのいた池が工事中。

そこにカッパが「ご迷惑をおかけします」と頭下げる絵が。

楽珍「地元の人が知ってた証拠…」

今田「島をあげてのウソですか」

立ち上がる楽珍派ww

 

師匠文珍からのメッセージ。

「千原ジュニアが(楽珍のことを)しゃべると、

爆笑なんですよ。本人がしゃべると全然面白くない。

彼の出来事をボクが高座でしゃべると、爆笑なんですよ。

ほんとに小さなブレイクしてるんですね。

きっと世の中が行き詰ったんでしょうね」ww

そういう人っていますよね、上島とか。

 

弟子入りの経緯。方言を直すのに半年かかったと。

ところが、

楽珍「こないだまた注意されました」

今田「こないだじゃあまだだめじゃないですか。

波乱万丈ですね。今日はどうもありがとうございました」

楽珍派、全員起立、怒りを表明。

カナリアの安達。楽珍師匠の方言(おもこ=目)ネタ。

「誰に下ネタゆうとんねん!」と師匠の奥さんに怒られた話。

東野「彼の目的はね、ゴールデンで下ネタ言うことなんだよ!」

 

残りのせいじのコーナーは

宣伝でしたね。番組成立のためには

こういうのも必要という…。

 
| いまじん | やりすぎコージー | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://imajin726.jugem.jp/trackback/1257