無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
リンカーン 説教先生 有吉弘行

リンカーンは説教先生。先生は有吉弘行。

テーマは「地獄を見ないための3か条」

1.反省

有吉「皆さんは何を根拠にやってんのか知らないですけど、

やっぱ偉そうだと」

浜田「はっはっ!」

有吉「ボクから言わせればダウンタウンなんかでも

一発屋にすぎないんっすよ」

天野「長い一発!」

有吉「それ以外はみんなほんとに、まだ一発も

打ちあがってないんです。線香芸人だと」

松本「花火で言うところの?」

浜田「ああ」

有吉「それなのにスタッフにえらそうにしてて。

はっきり言うんですけど、ここにいる皆さん全員、

スタッフから嫌われています」

 

有吉「なぜこんなこと言えるかというと、アンケートを

とってみたんです。スタッフに。匿名で。

各番組、いろんなスタッフにとってみたんです」

いくつか問題を発表することに。

有吉「まずね、宮迫」基本呼び捨て。

有吉「こういうアンケートあります。いじられたくない空気を

出しており、ミスしても突っ込めない。

これどういうことか? 芸人なのにいじれないんですって。」

大竹「わかんなくもない…」

松本「わかんなくもないね。そういう壁を作る…」

三村「すぐいじる側になんか…」

有吉「パイレーツオブカリビアンのジョニーデップ、

宮迫はこれしたり顔でデニージョップと、

ずっと間違えてた」

浜田「これは恥ずかしい」

宮迫「これホンマにアンケートとってますねw」

さらにアマゾンのことをずっとジャングル。

蛍原「それ知ってる」

有吉「こういう間違いで笑いが起こるんですけど、

スタッフが指摘できないという」

有吉「バカのくせに偉そうに…バカがバリア張って

つっこまさないようにしてるわけですよ」

謝らされる宮迫。

 

山口。

有吉「これあのリンカーン見たことないからわかんないんだけど…」ww

山口「見たことなかったら言わないでください!」

有吉「ぐっさんビーンっていうのをやってるんでしょ?

これに苦情が来てて、『最初は面白いが終着点はいつも下ネタ。

そのため途中でカットせざるを得ない。時間がもったいない」

松本「これ問題やね」

下ネタ実演させられる山口。当然後半カット。謝る。

 

天野。

有吉「うそみたいでかいサングラスを真顔でしており、

笑っていいのかどうかわからない。

スタッフの心を揺さぶらないでほしい」

実際にかけてみると、全員爆笑。

謝る天野。

 

三村。

有吉「男性スタッフからはすこぶる評判がいいです。

ただ女性スタッフ、音声さんから。

マイクをつけるとき、触るようなことはしないのだが、

まるで犯すかのように、全身をなめまわしてみてくるんで

ぞっとする」

松本「それは反省しないと」

有吉「おれもやっぱお前の嫁さんの乳とか体を

なめまわして見みてたいけど、触ってみたいと思うけど」

三村「そういうこと言うんじゃない!」

有吉「それされたら嫌だろ?」

三村「一回ウチのかみさんが有吉に挨拶したときに、

『胸の谷間が見えましたよ、三村さん』とか

いうんですよ、普通言わないでしょ?

あいつがおかしいんですよ」

 

松本

有吉「楽屋にこだわりすぎ。湿度に異常なこだわりを見せ、

狭い楽屋に4台も加湿器を置かせている。

打ち合わせに行くと蒸気の中に黒い影があり

打ち合わせに集中できない」

有吉「お前『肉まん』か?」

有吉「あと、松本。個人的な意見だけど、

不潔感がある。」ww

松本「肉まんでごめんなさい」

 

有吉「蛍原は特に嫌いなところもない。

あまり存在を気にしたことがない、と。

今授業してても、今初めて目に入ったもん」

有吉「たいした仕事もせずにすいませんて」

カメラもよってこないww

三村「一歩も動きませんよ」

 

浜田。

有吉「みんなびっくりしないでほしいんだけど、

番組スタッフ浜田の嫌いなところゼロです。

やっぱ圧倒的な恐怖政治というか、

暴力のにおいを漂わせているということで、

もうスタッフが書けないわけですよ。」

有吉「これぐらいやればいいんですよ。

スタッフの苦情も言わせないわけだから。

浜田は謝んなくていい」

 

「芸人、そのとき歴史が動いた(出川編)」を挟んで

 

2.許す

トレーニング

浜田の怖い顔を三村にかわいくしてもらう。

らくがき。

 

大竹、笑いに厳しすぎる。スタッフのミスで怒っちゃう。

有吉「これちょっとやってみて」でっかいガムぱっちん。

有吉「これやったあと、スタッフにねちねち言ったって聞いてますよ」

再び、大竹「全然痛くない…」

有吉「よしいいよ…」

大竹「あdってこれほんとに狙いがわかんなかったんだもん。

痛くしようとしてたはずなんだもん」

有吉「許そう。神経質なとこばっか目立つぞ」

 

宮迫のカバンの中からメガネ取り出し、

油で揚げる…。

宮迫「ごめんちょっと意味がわからへん…」

有吉「こういうスタッフの悪乗りも許そう」

浜田「許そうってことね」

有吉「ふざけたいときも有るし、行き過ぎの行為も許そう」

メガネの天ぷら届けられ、

松本「ご飯もらう?」ww

 

その3.優しさ =笑顔

「白い雲のように」を歌う。

浜田「あんまりよう知らんねんな〜」

有吉「知らないことを偉そうにいうなよ!

知らないことは恥だからな!」www

 

1人1人パート分けして歌う。(蛍原は全員の部分だけ)

 

収録終わって、

有吉「これが本物です」と宮迫にメガネ渡し、

宮迫「別によかってんけど」

みんなに腰低く挨拶する有吉に

三村「あれのほうが嘘っぽいわ」ww

 

有吉、面白いなあ。先輩芸人たちも、

いくら無茶言われても、迷いがないのがいいし、

きっちりウケてくれるから、全く不満ないんでしょうね。

 
| いまじん | リンカーン | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://imajin726.jugem.jp/trackback/1260