無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
ケータイ大喜利
NHKで不定期に放送されていた「ケータイ大喜利」。
大喜利の問題に視聴者にメールで答えてもらうというもの。
これからは、月1のシリーズになるとのこと。
メンバーは司会が今田耕司、判定をする審査員長が板尾創路、
寄せられたメールから、読み上げるものを
パソコン見ながらチョイスするのが千原ジュニア。
ゲストになぜか中川翔子。
NHKとは思えないような面子ですね。

ネタ自体も、お題がよかったせいか、
結構面白いものが多かったけど、
ネタだけではなく、そこから広げて
笑いをしっかりとるのが、さすがプロたるもの。
でもついつい皆ヤバ目のコメントをしていたのが痛快で、

お題:5人組のヒーロー戦隊が子供たちからブーイング。その理由は?
答えが、「必殺技にモザイクがかかる」のときに、
「放送できないようなものを出してるんでしょうかね」
「厳密にいうと出したり入れたりですけど」
とか
「原作が北方謙三」のときに、
「そしたら、ピンクなんてどスケベでしょう」
とか、NHK的にはぎりぎりですかね。
生放送だから仕方ないけど。

あと、お題:達也が「いきなり何を言うんだ」と驚いた南のセリフとは?
という問題の答えを、アニメのタッチのときの南の声そのままで
読み上げてくれる。「オッス、オラ、南田洋子」とか。
それに、いちいち中川翔子が反応して、
「萌え死ぬ」とか「萌えますねー」とか言ってるのが、
オフ音で聞こえるのが面白かった。

レポート役の森本アナ。
いきなり今田が「本番直前、いきなり紙回されたんですけど、
2年目の森本アナは、学生時代
ウルトラマンショーでならしたそうですね」って、唐突に。
意図がわかりませんでしたが?
森本アナに注目を集めたいという狙いか?

妙に表情の明るい板尾。
いつもの通りに見えるけど、なんとなくウラでなんか
あやしい事考えてそうなウソくさいジュニアとか、
民放に出ているときと同じようでいて、
微妙に違う様子がおもしろかったですね。

| いまじん | テレビバラエティ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://imajin726.jugem.jp/trackback/142