無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
ロンドンハーツ 真夏のスポーツテスト

ロンドンハーツ 真夏のスポーツテスト

ここでは大久保さんの活躍ぶりが際立っていましたね。

最初の競技50m走で国生さゆりが腰を痛めるアクシデント。

 

続いて、上体そらし。

杉田理論。上体そらしが得意な人はHが上手。

大久保「自信あるある〜」

淳「大久保さん、大久保さんのことどのカメラも撮ってないんで…」

大久保「(カメラさんの肩に手を置き)お〜い!」

 

その大久保の挑戦。

淳「床に興味がある?」

大久保「興味だけはあって…胸もあたし、結構ね、杉田さん、

ありますし…」

杉田「ただ乳首は隠して」

大久保「(かぶって)うっせーババア!」

 

そして、実演すると「ひょっとこ」

45.5cmと平凡な記録。

杉田「本当にただ興味があっただけなんですね」

淳「経験がないって言う…」

大久保「経験ありますもん。」

淳「ないでしょ?」

大久保「あたし去年とか…ありますもん」ww

 

鉄棒サバイバルでは

あびる「一つ重要なのがわかって、手の大きさ。

鉄棒をつかめなくて」

大久保「あたしなんか鉄棒をべつの棒だと思って」

淳「こらっ!」

大久保「さすがにすみません」ww

 

走り幅跳びでは、早々に失格になり、

バーは95cmから100cmに。

ここで、5人に絞られる。

で、次105cmにあげるところで、

大久保「もっと上げちゃえばいいのに…」

淳「見てんのが辛いみたいのやめてください」

大久保「こっちのテンションの低さ、分かります?」

するとスタッフが急に「すいません、110cmでいきます」

なんと大久保の発案が採用。

淳「5cmちんたら刻んでんじゃねえっていう

クレームですね。逆に1万円いただきますから」

 

そして、虻川失敗。

淳「10cmあげるとこうなるんですよ、大久保さん」

大久保「10cmビビるんだねー」

モナ、森下、大島麻衣と失敗。残るはmisonoのみ。

青田「大久保さんがプレッシャーになってるんですよ」

淳「総合演出が5cmでいいって言ったところを、

いや10cmだろっとクレームつけたわけですからね、

ぜんいんミスったら5万円没収しますよ」

大久保「どうしてよ〜」

 

misono挑戦。

大久保「5cmと一緒だよ!」

大久保「気持ちで負けちゃだめだよ」

応援する大久保ww

そして、跳んだ〜!

大久保「すごいがんばったねー」

淳「ほっとしてんじゃない」

 

チーム対抗リレーはヤングチームとアダルトチームに分かれて。

逆転を狙うアダルトチームの国生はバトンの渡し方を

熱血指導。

 

しかし、結果はリードしていたアンカーの国生が

転倒して、逆転負け…。

国生「ごめんね…」と落ち込むが、

笑いを抑えられない淳。

なんとか真顔を取り戻して、

「大丈夫ですよ国生さん、一生懸命やった結果ですから」

みんなで慰める流れ。

そこへ切り込むこの女。

大久保「大丈夫ですよ。国生さんが(賞金)25万円払えば

いいんですよ」

みんなのブーイングに、

大久保「あたし超がんばりましたよ。

あたしめちゃめちゃ走りましたよ」

さらに締めに入りかけたところで

大久保「勝ってた、途中までは」ww

みんなに突っ込まれ、国生に連れて行かれる……w

 

エンディング。misonoの優勝が発表され、

淳「マイナス1万円の方が…」

大久保「国生さん払ってくださいよ。」

淳「国生さん感動的な走りしたでしょ?」

大久保「絶対バトンは落とすなバトンは落とすなって、

超こわかったんですよ。すべり止めまでこれ(テープ)自分で貼って。

で、自分転んでやんの。」

淳「こら!」

そして、また国生に連れて行かれる大久保…。

 

正直、国生さん、大久保さんに救われましたよね。

しかし大久保さんの最近の活躍はめざましい。

エロキャラをゲットしてから、迷いがなくなった。

「おねマス」でもまれたことが確実に生きてますね。

めちゃイケでも「容疑者Oの変身」で、

抜群のセンス見せているし。

 

 
| いまじん | ロンドンハーツ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://imajin726.jugem.jp/trackback/1447