無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
めちゃイケ シンクロナイズドテイスティング
 

めちゃイケのシンクロナイズドテイスティング。

よかったです。何といってもアメリカチームからの流れ。

編成は岡村、原西、藤本に加えて、今回はモンスターエンジンが参加。

 

紹介として、

矢部「M1グランプリ、キングオブコント、ABC新人漫才グランプリ…」

西森「全部、1位ではないです」

岡村「ゆうなゆうな。すごいことや!」

 

食べて、

岡村「ハラニシサ〜ン!」

原西「ホナムラサ〜ン!」

岡村「フジモ〜ン!」

フジモン「ロリムラサ〜ン!」

岡村「ニシモリサ〜ン!」

西森「オカムラサ〜ン!」

岡村「仁鶴師匠〜!」

大林「オカムラサ〜ン!(仁鶴)」

 

岡村「なんかトロトロしたものなかった?」

原西「確かに口の中が、トロトロ祭りじゃ〜い!」

「トロトロ祭りでわっしょいわっしょい…」

原西「そ〜れそれそれお祭りじゃ〜い!」

「お祭りじゃ〜い!」

「じゃ〜い!」

「じゃまくりお〜い!」

 

西森「ヒントが見つからないよ、神様」

大林「私が神だ」

神々のコントに突入ww

西森「私だ」

大林「お前だったのか」

そのあと、こっそり上脱ぐ大林ww

痛恨の脱ぎ忘れwww

 

岡村を両サイドではさむモンエン。で、

岡村「私だ」服脱ぐ。

大林「お前だったのか」

「ヒマを持て余した神々の、コラボ」

 

岡村「原西さんすごく楽しいよ」

嫌がって原西ギャグを「ポクポクポクチーン!

……ポクチン、ポクチン、私だ」

いきなり脱いだww

「ヒマを持て余した神々のシンクロ」

 

フジモン「なんで神になってんねん……私だ」

服脱ぐフジモン。

大林「誰だ?」

岡村「お前は誰だ?」

フジモン「神だ」

大林「お前は神ではない」

フジモン「なんで俺だけ神ちゃうねん。俺も神だ」

岡村「お前はただの人間だ」

フジモン「神やゆうねん俺も」

原西「お前は藤本だ」

フジモン「苗字いうなよ」

原西「お前はカツコから生まれた藤本だ」

フジモン「おかんカツコやけどなんやねん」

原西「やかましいカツコ」

フジモン「おかん」

岡村「お前はアイドルと付き合っているただの芸人だ」

フジモン「それは関係ない」

大林「お前の付き合っている女の名は木下優樹菜だ」

フジモン「いやフルネーム!」

岡村「木下優樹菜と付き合っているのは私だ」

フジモン「違うわ!絶対違うやん」

西森「木下優樹菜と付き合っているのは私だ」

フジモン「違うて」

原西「木下優樹菜は私だ」www

フジモン「違うわ!テレビでフツーに名前言い過ぎや」

西森「やかましい。頭から溶岩をかけるぞ」

フジモン「なんで頭から溶岩かけられなあかんねん」

原西「ゆくがいい!」

フジモン「どこにいったらええの!」

岡村「みかんをやろう」

フジモン「いらんわ!」

大林「いい溶岩はバルタノス山にある」

フジモン「今思いついたやろ、お前」

原西「お前は存在しない」

フジモン「なんで俺存在消されなあかんねん。これなに、俺」

岡村「カツコ」

フジモン「いつまでつづくね、これ」

全部付き合ってつっこむフジモンwww。

 

結果はフジモンだけクラムチャウダーでマイッチング

ほか4人はクリームシチューで正解だったのに。

ということで、フジモンと岡村のケンカが始まる。

止めに入るのは未知やすえ。

おなじみの展開に…。

 

「えー加減にせんかいコラ!ホンマ!

何時間やっとんねんコラ、ホンマに。

始まる前にゆうたんちゃうの、4:30ゆうて。

あれから1時間回っとんねん、ホンマに。」

 

「原西、お前。頭残念なことになっとるやないか。

大阪おるときもっとふさふさしとったやろ」

 

「フジモン、えらい調子乗っ取るみたいやな、今。

えらいかわいらしい彼女とつきおうてよ。

なにお前ハワイ行ってみんなにペアルックで

歩いとるんちゃうかって冷やかされて、

そんなんしてませんよゆうて、ペアリング買うとるらしいやないか。

それも何やかやいいながら、山田花子にベラベラしゃべっとるやろ、お前。

嬉しいんか」

 

「井上(次長課長)!お前死神みたいな顔しとるやないか。

はっきりゆうて心配するわ。大丈夫かホンマに。」

 

「品川。お前なんや。それだけ化粧したら、マイケルジャクソンみたいに

なっとるやないか」

「骨格が似てんねん骨格が」

「最近ちょっとやせあがって、色気づいとんのか。

モテよう思てんか。元がブサイクなんじゃ!あほんだら!」

 

「で、河本」

なかなか出てこれない河本。

「返事せんかいホンマに。お前河本ちゃうんか」

河本「はい僕河本です」

「そやろ!ブサイク!終わりや終わり!」

 

「きれいに並べお前ら……ボケ、カス!」

で、同じチームだった女性陣にも「メス豚!」

「なんでワシがこのチームにはいらなあかんの。

わけわからんわ!」

 

そして「怖かった…〜!」で全員コケ。

……のはすが、1人湯の中にコケこんだ岡村に、

「おい岡村!ここワシが映るところや!今ワシがメインや!

ここではみんなできれいにこけるゆうオチや。

何年新喜劇やっとったお前!」

と、岡村のつくちバストをボインボイン叩くやすえ。

そして、

「朝方6時の怖かった…」

終了…。

 

フジモンのくだり、すごかった。

そして、やすえ姉さんもすっかり全国区ですね。

| いまじん | めちゃイケ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://imajin726.jugem.jp/trackback/1603