無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
めちゃイケ スターどっきり(ゆ)報告
 

めちゃイケはスターどっきり(ゆ)報告。

鴨川グランドホテルで、MC席にはナイナイ、高橋真麻アナ。

深夜1:00スタート。

岡村「予告寝起きどっきりですから、寝てる芸人さんを電話して

起こすところからスタートしますから」

矢部「ここが肝の部分ですよね。このコーナーのね」

最初のターゲットに電話。

相手「はい、どちらさんですか?」

岡村「私ナインティナインの岡村隆史と申しますが」

相手「へ?」ww

岡村「おはようございます」

相手「あ、おはようございます。すいません」

なぜか謝る相手ww

岡村「まずコンビ名とお名前を教えていただきたいのですが」

相手「NON STYLEの石田です」

 

石田「何の番組でしょうか」

岡村「ああ、ごめんなさい。めちゃ×2イケてるっ!でございます」

石田「ああ、初…」

矢部「初がこれ…」

岡村「今からですね、石田さんに寝起きどっきりを行います。」

石田「(笑)そういうのって言っていただけるもんなんですか?」

 

インパクトのある寝起きを、と注文されて、

石田「そういった感じのやつですか…」

岡村「今からすぐ行きます」

石田「え?え?え?」

岡村「5分か10分ほどで」

石田「最後にひとつだけいいですか」

プーップー。電話切る岡村ww

 

矢部「逆に気になるわ」

なにが聞きたかったか確かめてみるため、もう一度電話。

石田「鍵と電気は…」

プーップー。電話切る岡村ww

 

3人下から上がってくる構図、小声で「おはようございます…」

おなじみの絵ww

 

石田の部屋。

床の間に腰を折り曲げた石田。お尻からコンセントにコード。

充電中?

近くにペンが散乱。未使用?と思いきや、

矢部が気づいた。おでこに赤い点。

岡村「使ってないのかと思いきや、おでこわかりますか。

充電中って言う」

充電コードはどこから出てる?

岡村「この大会下ネタは禁止なんですよね。ギリギリのラインなんですけど」

 

岡村「このまま起こしてもよろしいでしょうか」

石田「ZZZ…もうワンチャンス…」

 

MC席に戻って2人目のターゲットに電話。

相手はオードリーの春日。

春日「これは何でしょうか?」

めちゃイケであると説明。

岡村「このあと春日さんに寝起きどっきりを行います」

春日「(笑)いやあの…どっきりじゃなくなってますけど」

岡村「寝ていただいていいですか?

このあとすぐ行きたいんですけど、510分で…」

春日「…限界ですか?もらえる時間は。正直その時間

いただきたいっていうのは…」

電話切る岡村ww

 

行ってみると、見当たらない。

奥の部屋で発見。ふすまの上の横柱(幅12cm)の上に寝てるww

かなり評価高い。起こしてもいいんじゃないかという話になるが、

本人に聞くと、

春日「ZZZ…まだ行きたいっすね…」

岡村「ここで起こしてもいいかと思うんですけど」

矢部「高得点やと思うんですが」

春日「まだ底を見せてないです」

ふすま閉めてから、

矢部「これ若林さんがゆうてたんですけど、

いわゆる春日の悪いところが出てる恐れが…」

調子に乗りすぎではないかと。

 

次の挑戦者がハリセンボン近藤春菜。

岡村「起きてらっしゃいましたか」

春菜「はい。今『志村屋です。』見てます」

岡村「オンエアチェックということですね」

 

寝起きどっきりをやりたいと通告。

岡村「まいったな…寝てないですもんね」

春菜「寝…寝てます!」

 

行ってみると、座椅子で寝る姿は…

岡村「もしかして我々部屋を間違えたんじゃないでしょうか」

矢部「出張に来たサラリーマンですよね」

岡村「完全おっさんですよ」

部屋を間違えたと、戻ることにwww

 

続いて石田のところに再び。

トイレで上にしがみつく石田。

額に充電完了マーク。

カメラが入りにくく、扉開いたら「痛」

石田、手挟んだwww

 

4人目のターゲットは、どっきりが苦手という。

岡村「夜分遅くすいません。吉本クリエイティブエージェンシー、

ナインティナインの岡村と申しますが」

相手「え!?」

名前を聞くと、

相手「吉本クリエイティブエージェンシー、藤井隆です」

あら珍しい、確かにドッキリでは見たことない。

 

矢部「いや〜まさかの」

岡村「寝起きどっきりを藤井さんに行いたいと思ってるんですけど」

藤井「え…この部屋ですか?」

岡村「そうです」

藤井「鴨川ですよ」

岡村「なんと藤井さん。今我々、藤井さんの真下にいますよ」

藤井「うわああ」ww

岡村「今から10分後に行くんですけども、やっぱり

インパクトのある寝方といいますか」

藤井「むわっ…本当に経験不足なので…経験不足なんで結構です」

矢部「断った!初めて」

 

で、行ってみると、iPod聞きながら寝てるらしい藤井。

曲は岩崎宏美「シンデレラハネムーン」

ふとんめくると、顔がコロッケの岩崎宏美wwww

矢部「ここ岩崎宏美さんの部屋ですか」

再びめくると、顔がパワーアップ。

 

岡村、曲を変えてみる。薬師丸ひろこの「探偵物語」

ふとんめくると顔も変わった。

岡村「薬師丸さんでした?」

矢部「しかもあのチャンリンシャンのほうの…。

 

再び曲戻し、「シンデレラハネムーン」

「シンデレラハネムーン♪」に合わせて顔動く藤井ww

起こすことに。

 

岡村「こうやって寝てるスタイルで来たのはすごいことだと思いますよ」

藤井「わっ、そうか!…浅いですね…そうか〜」

岡村「ちゃう。これはいいとおもうで」

藤井「床の間!あ〜床の間…床の間宏美…」www

矢部「ステージ?」

 

そして、春菜の2回目。

なんとベランダの外。非常歓談のそばで寝てる。

机の上には書きかけの「辞表」

文章に「お世話になりました。私はセクハラなど」

 

岡村「ここから僕、推測すると、下の階を覗きに行こうとして、

力尽きて寝てしまったという。だから最低のおっさんだよ」

 

起こしてみると、

春菜「ちょっと、やだあ〜」急に女性ww

岡村「びっくりしましたか」

春菜「びっくりしました。旅館の朝食を食べるロケって…」

まだ、演技の続きをww

岡村「違うんですよ、それが」

春菜「本当にないんですか」

岡村「ないんです」

春菜「これで終わり?」

岡村「終わりです」

春菜「ギャフン!」www

 

そして、石田の3回目。

床の間で逆さになり?

岡村「これはどういうことなんでしょうか」

石田「ZZZ…和風インテリア…」

説明しちゃったww

岡村「まだまだこれ出てくると思ったら、

最後のこれ何なんですか?」

石田「僕のヴィジョンからはすごい面白かったんですよ」

矢部「何でも笑う真麻が和風インテリアは笑わなかった」

岡村「ちょっと間この、和風インテリアって言われるでしょうね」

 

そして、2度目の春日。

テーブルの上にテーブルが重なってる。

上を見ると、天井から顔ww

矢部「ウソみたいや」

真麻「こんなことってあるの?」

 

岡村「若林さんがいないということで、心配はしていたんですが、

全然大丈夫でしたね」

春日「そうですね。なめられたもんですね」

ところが、そこでいきなり春日の手をとる岡村。

手に怪我が…。

岡村「春日さん、これバラエティに御法度の出血ですねよね。

減点になります。これは最後まで隠して欲しかったんですが」

 

さあ、4人が集結、顔合わせ。

石田、春日、春菜…

矢部「ここの対面は毎回面白いね〜」

藤井の登場にはみんなびっくり。「ええええっ」

 

集まったところで、岡村からもう1人チャレンジャーがいると発表。

前回は、上島竜兵がやった部分ですね。

岡村「これもう本当に永久保存版というか、今回のこの方は

記憶に残る寝起きどっきりになるんじゃないかと」

 

そして、電話する。すると、部屋の中で呼び出し音が…。

岡村のマネージャーが岡村のバッグから、携帯を取り出すww

その電話も取る岡村。

「もしもし」

「お名前をお願いしたんですけど」

「お名前?」小芝居ww

「僕の名前ですか?」

「そうです」

「岡村隆史です」テッテレー!

 

急にノリノリで仕切りだす藤井。「今日のターゲットは大物!」

岡村「僕あの今日加藤茶さんやって聞いてた」

藤井「歴史に残る寝起きどっきりで記憶に残る…

こんな貴重などっきりはないって」

石田「勉強させていただきます!」

藤井「これはもう、ぞくぞくします!」

岡村「いやあしょんべんチビりそうになった」

 

めちゃイケってこういうところが好きです。

2回目にして、もうこの仕掛け。常に先へ先への展開。

そして、メンバーの誰もが罠にかかるという平等性。

仕掛ける側と仕掛けられる側が固定している番組よりは

こういう番組のほうが、僕は好きですね。

 

そして、岡村の部屋に。

入ると床に痔の塗り薬。

そして、ふとんをめくると…。

裸で添い寝…!?仲良しADカマタ君と。

目を見開き、逃げる真麻。

矢部「こりゃね、痔治らないです」

 

起こすと…顔隠す岡村。

藤井「急にスキャンダラス!」

石田「下ネタやし、他人でてるし、このモラルのなさ。

僕ね、反則の詰め合わせと思います」

岡村「ボクが謝ればいいんですか」

矢部「謝るとかでなしに」

岡村「ボクが自分自身で記憶に残るとか、みなさん目に

焼き付けといてくれとか、振るだけ振ったあげくに、

自分で完全にパニックになり、全身に震えが走り…」

藤井「同じです。まったく同じです!」

岡村「気がついたときは服を脱ぎ始めていた…」

藤井「…そんなことはないですもんね、ほんとに」

岡村「単刀直入に聞きますけど、失格ですか?」

藤井「失格です!」

CMまたぎで、岡村「無念です」

| いまじん | めちゃイケ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://imajin726.jugem.jp/trackback/1608