無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
笑う妖精 4月25日
 

笑う妖精。

くうちゃんの絵描き歌、第2弾。このシリーズ好きだわ〜。

回宿題になっていたということで、出てきたが、

相手にされず、

川島「後輩が先輩ボコボコにするとこみしたろか!」

 

まず、前回の「耳に砲丸落ちてく〜る〜♪」をもう一度やって見せてから、

新作は、VTRで。

 

川島「親指の爪に映りますんで」

ここでも余計なボケはさむww

 

「山が3つありまして〜

大きい湖ありました〜

……

ゴマゴマゴマゴマ

ひっくり返せば、

水がここまで きて〜る〜」wwwww

 

川島「文句っすか。

そう来ると思ったんですよ。まさかのもう一曲用意してます。

今の、ゆうたらフリですよ。」

 

「山が3つありまして〜

大きい湖ありました〜

……

ゴマゴマゴマゴマ

ひっくり返せば、

水がここまで きて〜る〜

 

ところに鳥来て

水位あが〜る〜」wwwww

 

いやあ、ホントに面白い。ってか、大好き。

 

その後、「サインください」とマジック持って近づいたかと思ったら、

マジックじゃなくナイフ!…にもみえないようなアルミホイル貼り付けたやつ。

竹若の喉元にあてて、

「誕生上げろや!」とジュニアを脅し、

札上げた途端、切りつける。

札上げたのに、何で殺すんだと聞くと、

「犯罪とはこういうもんや」

 

また宿題になった。

この短期間での露出。

やりすぎコージーで失敗した野爆の東京進出だけど、

この番組でなんとかならないもんかな。

 

くうちゃんは今流行の天然ボケではなく、

発想ボケというか、プロ(の)ボケというか、

ちゃんと考えたことを、やたらボケる。

「笑われる」じゃなくて「笑わせる」ボケ。

こういうタイプは、少ないですね。

フリートークの腰を折っちゃうことになるから、

空気読めないと思われちゃう。

しいて言えば、手数やテンポが全然違うけど、

アンタッチャブル山崎がそのタイプかな。

 

野爆は、深夜番組を、

吉本以外、関西出身以外の、強めのツッコミを持つコンビと

やるといいんじゃないかな。

…って、なかなかいないんだよな。

響とか? もしくは思い切ってマシンガンズとか?
あ、磁石でも、いいかも。

とにかく吉本以外の芸人と絡むことで、

突破口つかむしかないと思う

 

 

| いまじん | 笑う妖精 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://imajin726.jugem.jp/trackback/1695