無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
流れ星
「流れ星」。爆笑オンエアバトルで10戦全勝を達成しました。
このコンビ、最近ぐんぐん面白くなってきています。
かつてはボケの妙な動きに頼っているだけだったのが、
突っ込みの勢いとテンポがよくなってきた。
さらに、一時期戦国時代コントで延々押していた頃が
ありましたが、そのことによって、ボケのところで、
テンポをゆっくりさせることが平気になった。
それでボケを思い切って引っ張ることができるようになった。
で、今度は普通のタイプ漫才に戻ったときに、
メリハリが利いて、ぐんとわかりやすくなった。
あとは、フリートークなど、バラエティ的資質があるかどうか。
今年のM1のダークホースとして、注目したいと思います。

ちなみにこの週、初オンエアを獲得したほたるゲンジ。
元々は、北京ゲンジの無法松と博多キリンのきりはたとおるが
それぞれの解散によって、コンビを組み始めました。
「エンタ」に突っ込み100本ノック(だったっけ?)というネタで
出ていますが、正直あるあるネタの見せ方を変えただけで
あまり新鮮味のないもの。
でも、オンエアバトルでの普通の漫才のほうは
なかなかよかった。実力はなかなかかも。
こういう中途半端にキャリアある人は
ちょっと使われにくいところもあるので
あまり出番は多くないかもしれませんが
こちらも注目したいです。かつてはボケの妙な動きに頼っているだけだったのが、
突っ込みの勢いとテンポがよくなってきた。
さらに、一時期戦国時代コントで延々押していた頃が
ありましたが、そのことによって、ボケのところで、
テンポをゆっくりさせることが平気になった。
それでボケを思い切って引っ張ることができるようになった。
で、今度は普通のタイプ漫才に戻ったときに、
メリハリが利いて、ぐんとわかりやすくなった。
あとは、フリートークなど、バラエティ的資質があるかどうか。
今年のM1のダークホースとして、注目したいと思います。

ちなみにこの週、初オンエアを獲得したほたるゲンジ。
元々は、北京ゲンジの無法松と博多キリンのきりはたとおるが
それぞれの解散によって、コンビを組み始めました。
「エンタ」に突っ込み100本ノック(だったっけ?)というネタで
出ていますが、正直あるあるネタの見せ方を変えただけで
あまり新鮮味のないもの。
でも、オンエアバトルでの普通の漫才のほうは
なかなかよかった。実力はなかなかかも。
こういう中途半端にキャリアある人は
ちょっと使われにくいところもあるので
あまり出番は多くないかもしれませんが
こちらも注目したいです。
| いまじん | お笑い芸人 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://imajin726.jugem.jp/trackback/263