無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
リンカーン ハリセンボンの説教先生
リンカーンのハリセンボンの説教先生、これおもしろかった。
レギュラー陣を席に着かせての授業。
リンカーンをみんな愛していない、と言い、
リンカーンのためです、と言って、春菜が無茶振りをして、
リアクションを要求するのが基本形。

まず、三村に「ダウンタウンに遠慮がある」と指摘。
それを克服するために、「松本を殴る」ことを要求。
続いてウドにも「やさしすぎる」ということで、
「浜田に悪口をいう」ことを。
で、気を抜いていると再び「三村も」。
大竹には「斜に構えすぎ」と「喜怒哀楽をダンスで表現」を。
浜田には「ラフプレーが多すぎる」→「松本を抱きしめて」
その後「宮迫も」と今度は宮迫・浜田が抱き合うことに。
宮迫「それやったら先やらしてくれたらいいのに」
で、やはりなんか変な感じになって、
宮「何これ? 何これ?」
山口には「自分からトークに入ってこない。ギャラ泥棒」
「皆さんが面白いこと言ってるから…」との弁解もむなしく、
春「ゴムパッチンしよ」
そして、「三村も」。別のリアクションが要求される流れに。
「宮迫、ファッション何ですか。日本中が引いてます。
…ゴムパッチンしよ」
「天野、しゃべり方がにやにやして気持ち悪い。
…ゴムパッチンしよ」
「松本、ゴムパッチンしよ」
松本、手を横に広げて「まっつん!」
これに春菜、なぜか爆笑。

今度はネタコーナー。
14年前、ナインティナインにABCお笑い新人グランプリで
負けたときのネタをやれと強要。
蛍原の渡した辞表を宮迫、破るふりして」、口で音出すだけ。
投げるふりして、肩にはさむ。
…ここまでで、宮「もう堪忍してください…」
続いてキャイ〜ン。
でも、彼らは毎年ネタで単独ライブもやってるし、
カンコンキンでネタやったり、慣れているせいか、
14年前のエコロジーのネタも、別に普通にできてた。
もちろんお約束の、天野「お前これ(オカマ)じゃないの?」
ウドの「何言ってんの天野君。ボクはこれじゃないよ、
これじゃなくてこれだよ」は入ってたけど。
そして、さまぁ〜ずは6年前、ネタやる前にやってた、
「冬なのにさまぁ〜ず」をやらされてたけど、
これは当時からすべってたもんなあ。
ある意味これですべり慣れしたからこそ、
今日のさまぁ〜ずがあるような…。

浜田が顔が怖いということで、「鼻フックしよ」
しかもその状態で「ゴムパッチンしよ」
しかし、鼻フックで口がめくれ上がっていて、
ゴムが加えられなくて断念。

そして組み体操。
コンビごとに片方のひざの上にのって立つ。
山口ははるかとコンビ。
乗った後、落ちそうになるときに、
支えようとした山口。しかし、
春菜「胸さわった!」
はるか「チームワークを利用された!」

最後はピラミッド。一番上ははるか。
その状態で「大縄跳びしよ」
もちろん、できずに崩れる。
「できるわけない」

ハリセンボンのこのポジション、
他の誰にも(男も含めて)できないでしょう。
これはすごいことですね。
まだまだいろいろ可能性がありそうです。
| いまじん | リンカーン | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://imajin726.jugem.jp/trackback/482
2007/03/17 12:29 PM posted by: エンタの神様レビューサイト
タイガーリーという言葉に反応しちゃいました^^