無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
柳原可奈子
最近でまくってすね、柳原可奈子。
初めて見たのはたぶん「爆笑レッドカーペット」だと思いますが、
そのときのショップ店員のネタは、
その時点でキャラクターとして完成されてた。
その後も、アメトークの女芸人会にゲスト的扱いで出たり、
エンタの神様に出たりしつつ、
レギュラー番組も、今、
ペケポン、さらにはドラマ「鬼嫁日記 いい湯だな」にも
出てますね。
面白いのは、ネタでのしゃべり方ではなく、
フリートークっぽいしゃべりでも、
ちゃんとキャラで演じられるために、
非常にバリエーションが広いこと。
ペケポンでのDVDを薦める店員(?)のしゃべりも
鬼嫁日記のウエートレスのしゃべりも、
きちんと成立しているのがすごい。
キャラが固まっているんで、
コメディリリーフとして扱いやすいんですよね。
流れの中のちょっとした句読点として有効です。
演出サイドも安心してキャスティングできるし。
まだまだほかにも引き合いはありそうです。

あと、CSのフジテレビのチャンネルで、
お笑い登龍門ギャッハというネタ見せバラエティ番組が
あります。それに彼女が出演したときの
エンディングの出演者全員がそろってのトークコーナー。
MC役のとろサーモンの村田が、
柳原に「この仲で抱かれるとしたら誰」という、
いわば定番的質問をしたときの反応が、
いちいち、キャラっぽく、
「やあだあー」とか
「答えないといけないんですかあ」とか言っているのが、
結構ツボで面白かった。
「メガネの人が好きなんですよー」と言ったら、
その場にたまたまメガネがとろサーモン久保田しかいない。
でも、この2人ではいかにもイタいかんじ…。
柳原は「ほんとは升野さん(バカリズム)って言おうとしたんですよ。
野球官能小説読まれてみたくって…」と言い、
じゃあ、メガネをかければカンペキと、
久保田のメガネをかけさせて見たら、
柳「おじさんみたいー」
升野、蹴りいれて、村田に
「女性に蹴りは、やめてください」とたしなめられる。
でもそのときの、ゆる〜い「きゃあ」という反応や、
そのあと升野に抱きつく動作まで、
あまりにも出来すぎの自然な動きで、
ほんとにすごいなー、と思いましたね。

こういう、かわいらしいデブ(失礼でしょうか…?)が
芸人を中心に結構テレビその他にどんどん出てきているのは、
とってもいいことだと思いますね。
この柳原可奈子とか、アジアンの馬場園とか、
実際にもてそうだし。
あともちろん、ハリセンボン近藤、森三中村上。
別のジャンルでも、
ボクが良く見る舞台女優の平田敦子とか、
マキシマムザホルモンのナヲとか。

細くなればもてるとか、願いがかなうとか、
ダイエットありきの風潮がありますが、
結局、太っていようといまいと、
魅力ある人はあるし、ない人はない。
実際、女性が考えている以上に、
男が付き合う女の子は、
太めの子が多いと思います。
デブがキャラにならないくらい、
いろんなタイプの太めの子がでてきても
いいと思いますよ、個人的には。
| いまじん | お笑い芸人 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://imajin726.jugem.jp/trackback/554
2007/05/17 9:19 PM posted by: 鬼嫁日記
鬼嫁日記 いい湯だな 観月ありさ主演テレビドラマ 最新情報