無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
ハゲタカ
で、ライアーゲーム最終回の裏で、
NHKハイビジョンで放送されていたのが「ハゲタカ」。
前から評判も聞いていたし、
これもある種の騙しあい、支配をめぐる争いという意味で、
「ライアーゲーム」にも通じるところがあると思い、
録画しておいて見たのですが、
こっちには松田龍平くんが出てたんですね。
NHKの編成が、以上のようなことを踏まえた上で、
この時間帯(土曜夜3回、日曜夜3回の計6回)に放送したとは
あまり考えられないのですが、こちらとしては、
なかなかいい拾い物。
NHKらしい骨太の作品をがっつり見させていただきました。
しかし、ここまで登場人物が笑わないドラマもすごい。
ほとんどのシーンで表情が、「怒」か「哀」か「無」。
そして、人が次々死んでいくけれど、
それが全くドラマチックではなく、淡々とした演出で描かれる。
そして、最後にわずかながらの希望を見せてくれるストーリー展開も
秀逸でした。
おかげで経済用語も随分学習しました。
会社を手中に収めるために、いろいろな方策があること、
バブル崩壊の影響で何が起こったのかということから、
ITバブルによるファンド設立からインサイダー取引まで、
最近の話題を取り入れて生々しく描いていたのも、
すごく興味惹かれましたね。
まだまだドラマも棄てたもんじゃないと思いました。
| いまじん | テレビドラマ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://imajin726.jugem.jp/trackback/593