無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
バカリズム
バカリズム、最近あちこちの番組で見るようになりました。
レギュラーMCの「アイドリング!!!」
(この起用には正直びっくりしましたが)を
始めとして、準レギュラー的な「虎ノ門」、
特番ではありますが「爆笑レッドカーペット」でも
おなじみです。
コンビ別れしたときには、
どうなることかと、思っていましたが、
今のところ案外うまくいっているようにも思えます。

もともとコンビで活動してわけですが、
その当時からネタは升野が作っていました。
で、相方の松下に結構ハードな動きや
マイムを要求するネタがあったのをが
一番印象に残っています。

このバカリズム升野を思うとき、
つい浮かんでくるのが
ラーメンズ小林賢太郎のことです。
コンビでのシュールなコントということで、
共通点もあるこの2人、
「大喜利猿」という本を出していますが、
ご存知ですか?
猿のように大喜利をし合うというユニットでの
回答をまとめたものです。
このユニットはバカリズム解散以前からありました。

ピンでの活動がもはやメインに近くなっている
小林のほうは、ラーメンズを解散する様子はありません。
もしくは必要がありません。
もはや、片桐もピンとして十分活躍できる素地ができた今、
このコンビは事実上ユニット化している。
まあ「コサキン」みたいな形でしょうか。
逆に升野はバカリズムが解散することによって
ピンで活動せざるを得ない状況に追い込まれたことが、
今の活動を後押ししていると思います。
おかげで周りに理解者も増えてきてるようだし。

ところで、ラーメンズの舞台を見て思うのですが、
小林は、演じることをあきらめているのではないか、
と思うことがあります。
というと言い方は悪いかもしれませんが
要するに、生身の人物を演じることを拒否している
ように感じるんですよね。
典型的であるがためにどこにもいないような人物を
演じようとしている印象がある。
つまり、リアリティの拒否、ということ。
シュールを描こうとするからそうなるのではなくて、
そういう人物を演じるからシュールになるような
気がします。
どうしてそう演じるのか。
そしてどこに向かおうとしているのか。
興味深く思います。

いっぽうかつては一緒にグループコントを
やったこともあるバナナマン。
彼らには、シュールなネタをやっているのに
当時からなぜかリアリティがありました。
日村なんて、あんなに変わった姿をしているのに、
どこかにいそうなキャラ、と思ってしまう。
そこら辺がすごかった。
今年はバナナマンの当たり年になりそうですね。
| いまじん | お笑い芸人 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://imajin726.jugem.jp/trackback/654