無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
アメトーーク ホテルアイビス芸人


アメトーークはプレゼンスペシャルで上がった、「ホテルアイビス芸人」。
まずは、全員がガウン姿で登場。
メンバーはケンコバ、チュート福田、ブラマヨ、笑い飯、
サバンナ、メッセ黒田、遅れて麒麟田村。
ここが吉本の常宿ってことなんで、必然的に
大阪吉本祭りみたいなもの。
この番組って、そのくくりで集まった人たちの
絶妙のコンビネーションが、大きな見所なんだけど、
さすがに今回は息ピッタリ。
よく知った仲同士ですからね。
しかしチュート福田のピンでの登場って珍しいんじゃないかな?

アイビスあるあるから。
バブがある。
芸人の疲れを癒す。「赤字覚悟で!」
宮「湯船あったら、体洗いにくいんちゃうの?」
黒「いや、排水溝が微妙に流れにくくなってるんで、
お湯が流れ終わったところで、ちょうど体洗い終わるように
なってる」
ケ「最近、歯ブラシ立てが導入されました。
はみがきも大量で、連泊者に対する心遣い。
歯ブラシの色も白から目に優しい緑に」
高「赤字覚悟でやってます!」
小「部屋に無料のコーヒー。しかも京都から取り寄せた
小川珈琲」
高「赤字覚悟で!」

偶数階と奇数階で廊下の色が違うことを、
ケ「今どこにいるのかしっかり思い出させてくれる」
ドライヤーの風量が弱いことを、
黒「今流行のエコ」
かぶせて、八木が、
「冷蔵庫が冷えないもの、エコ」
宮「お前のはただの悪口やて」
ついで連泊のときの話。
小「飲みかけで置いてあったビールも、そのままラップして
おいといてくれる」
ケ「雑誌とか置いておくと、ちゃんとエロ本を
一番下にして重ねて、置いておいてくれる。
オカンのような気遣い」
外人プロレスラーがよく泊まっているという話から
福「おかんに、徳井の頭叩き過ぎってメッチャ怒られて、
号泣してた。エレベーター開いたら、
スコットノートンがいて、「ダイジョブデスカ?」と
声かけられた」
宮「プロレスラーには浴槽小さくない?」
「大丈夫です。バブがありますから!」
「でも、さすがにGシウバがガウン着たら、
田中美奈子みたいになってた…」

小「ウォシュレットの勢いすごい強い」
ケ「尻がケピーンってなる」
小「着メロにしたいぐらい」
蛍「え、何て? 何て?」
小「…何もゆうてません…」

そして、今度は愛あればこそのダメだし。
高「夜1階通ると、電話スペースで8割がた
外人がキスしてる」
田村がいつも泊まる部屋を決めていることに対して、
毎回違うのが楽しみ、とみんなから非難轟々。
しかし、田「ビデオのプリペイドカードの自販機が
近い部屋。これが大事。」
八「本体でリモコンのボタン押して、フロントで払う方式もある」
でも、両方で払ってしまいそうになるらしく、
八「カードかリモコン、どっちかにして!」
しかし、このアダルトチャンネルの話って、
ほんとにすきですよねえ。

西田「まん前の工事が永遠に終わらない」
ケ「夜中に声が聞こえる…
なんで俺の誘い断んのや…M1チャンピオンやぞ」
吉「俺のことゆうてるでしょ!」
ここらへんは何度もあったパターンですが…。

小「冷房を強にして寝ると、起きたら凍死寸前」
ケ「弱でも朝起きたら、気温2度」

今年の宿泊日数ベスト20
19位 19泊 野性爆弾川島邦裕 サバンナ八木真澄
17位 21泊 藤崎マーケット田崎佑一 黒田有
15位 24泊 ロザン宇治原 野性爆弾ロッシー城野克弥
14位 26泊 藤崎マーケット藤原時
13位 29泊 バッファロー木村明浩
12位 30泊 サバンナ高橋茂雄
 エンタレギュラーの割りに少ないですね。
11位 31泊 バッファロー竹若元博
 虎の門だ…の声。
10位 50泊 ムーディー勝山慎司
 「慎司って言うんだ…」の声。
ここらへんから、みんな本名で出てるってことに気づく。
9位 51泊 笑い飯西田幸治
8位 52泊 笑い飯中西哲夫
7位 55泊 田村憲司(たむらけんじ)
 「かったい名前〜」
6位 69泊 徳井義実
5位 72泊 ブラマヨ小杉竜一
4位 75泊 ブラマヨ吉田敬
3位 128泊 麒麟田村裕
2位 133泊 小林友治
 「誰?」
ここに繋げたかったための、前フリだったわけですね。
もちろんケンコバですけど。
しかし、
ケ「これは俺じゃない。俺の本名は
小林卍丸だ!」と言い張っておりましたが…。
そして、栄えある優勝者は
1位 136泊 チュートリアル福田充徳
なんで、徳井とそんなに差があるのか?
「徳井は女のところに泊まってる?」の意見もありましたが、
福「先に東京で家借りてる」という答えでした…。

その後、スイートルームを見に行こうという話。
宮「今から?」
午前1時だそうで。
小「ホテルアイビスにしたら、7時ぐらいのもんです」
着くなり、アイビス芸人は大喜び。
「ビデオがある!」
「ポットが大きい!」
しかし、宮「狭ない?」
その奥に寝室が。
「ガウンが厚い!」
そこで、宮迫が気づいた。
「この応接室へのドアを閉めると…
ただのツインルームやん!」
そして、その場で蛍原が「サピーン」を体験することに。
噴射と同時に鋭く反応し、しばらく流し続ける蛍原に、
宮「なんちゅう顔してんねん!」
終わって一言、蛍「なんや、これ?」

そして、今回の1,2位の2人は東京で部屋を借りた。
ということで、その場で卒業式が開かれ、
ホテルアイビス・フロントマネージャーの小林さんから
卒業証書が授与。
みんなで「仰げば尊し」の合唱。
…途中で宮迫がカンペを取り上げ、歌詞メロメロになるという
細かいギャグも交えつつ。
最終的には、
「卒業生退場!」それぞれの家に帰る。
「在校生宿泊!」
みんな一斉にフロントへ向かい、鍵を受け取って部屋へ。

ラストに
宮迫「こんな番組あっていいんですか?」
蛍原「結構気に入ってるけど」
ホトちゃん、
「サピーン」が気に入っただけと違うの?
| いまじん | アメトーク | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://imajin726.jugem.jp/trackback/757