無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
M1グランプリ2007予想


さて、M12007まで1週間を切りました。
ボクなりの予想とコメントを上げて行きたいと思います。
1番手 笑い飯
正直、ここがトップバッターというのは
かなりきつい。
正統派ではなく、ひねった芸風のところなので、
つかみで失敗したらだだずべりの恐れすらある。
トップバッターというのは、演者はもちろんですけど
審査員も観客も初めてなので
みんな緊張している。
それをぶち壊すには、抜群の破壊力か
あるいは抜群の安定感がほしいと思うんですよ。
そういう意味では、笑い飯はあきらかに不利。
去年のポイズンなんかも、1番手というプレッシャーに
やられた感じがあります。
しかし、ここはそれを逆手にとって、
記録ではなく記憶に残るような、
思い切った勝負に出てもらいたい気もします。
それですべっちゃう恐れも十分ありますが…。

2番手 POISON GIRL BAND
順番は、去年よりはいい。
でも、前が笑い飯だからなあ。
ひねりに対してひねり。
ここも、序盤で客をつかめるかどうかが勝負ですね。
しかし、予選でのポイズンは前に比べて
随分押しが強くなっている印象を受けました。
なんだかんだいっても、M1常連組。
さすがに場慣れはしてるはず。
予選での力強さを感じた分、可能性は感じますが、
決勝に残るところまで行くかなあ。

3番手 ザブングル
最大のダークホースとなりそうですね。
まず順番がいい。
前2組がいわゆるシュール系で、
もし、もしすべったりしたら、
ザブングルの台頭は十分ありえます。
なんていっても、ベタ中のベタ、
「顔芸」が必殺技というのが強み。
こういうベタなコンビが吉本じゃないところから
出ているっていうのがおもしろい。
吉本はM1組はわりとシュール系ひねり系が多いのに。
あと、「悔しいです!」とか感情のテンションを
あげていくネタが、M1の舞台にはピッタリです。
うまさと同時に、勢い・熱意・迫力が大事ですから。
たぶんネタは、最近フジテレビCSの「ギャッハ」で
やっていた、レジの前に並んだおばさんがトロくてムカツク、
ってやつだと思うけど、あせらないでいつもの
テンションでやれば、結構いいとこ行くんじゃないか?

4番手 千鳥
ここもなかなかいい順番を引き当てました。
前のザブングルが、
確実に、地に足の着いた、
ベタなネタをやってくれるので
千鳥のぶっ飛び方が生きる。
それ以上に、ボクは予選での千鳥のネタが
今までのイメージを大きく覆すぐらいよかった、
ということもあります。
あの、2人で悪い相談するネタですね。
あーいうタイプの漫才は意外とありそうでなかった。
しかも、2人の会話が生々しくて
すごくドキュメンタリー性を感じる。
ひねったタイプのネタをする人たちは
この臨場感をうまく出せないと、客が一気に離れていってしまう。
そうならずに、うまく客を引き込んでいると感じたんですよ、予選で。
今回、優勝の可能性は十分あると見ます。
あのネタしかみてないんで、決勝のネタが
どういうものなのかわからないけど…。

5番手 トータルテンボス
文句なしに今年の優勝候補筆頭でしょう。
関西ではあまり知られてないというのが
唯一のマイナス面ですが、
そんなこといったら、東京で知られてなかった
コンビが次々とM1を勝ち取っている現状をどう思うのか。
そして、東京でM1を取ったのは
他事務所のアンタッチャブルというこの状態。
さすがに今年は東京吉本にもM1をという意識も
働くでしょう。
さらに、M1ラストイヤーというのが、
さらに後押しします。
昨年のライセンス、その前の品川庄司にしても、
ラストイヤーというのは、予想以上の力が
湧き上がってくるもの。
さらに、最近のネタの抜群の安定感。
予選では貫禄すら感じました。
特に注目は藤田ですね。ごまかさずに本当にしっかり
ネタを追っていけるようになってる。
生放送では何が起こるかわかりませんが、
こういう感じで優勝候補に挙げられたコンビが
結局は優勝しているような…。
意外だったブラックマヨネーズの年にしても、
紳助が優勝に一番近いと事前に言ってたりしたし。

6番手 キングコング
最近のキングコングのネタは全然みてません。
だからどういうことをしてくるのか見当もつきませんが、
かつて5回ほどネタを見たうち、2回で
梶原がネタとちってたので、あまり印象よくないです。
ビッグマウスで反感もたれがちなのは西野ですが、
彼は言うだけのことはきちんとやると思うんですよ。
鍵は梶原の出来だと思います。
うがった見方になりますが、吉本が
中川家がM1取ったときの剛のように、
そんな不安を払拭するために与えられた舞台と考えれば、
それなりの成果を収めそうではありますが…。
準決勝ではどうだったんでしょうか?

7番手 ハリセンボン
女性枠ということですかね。
そういうバランスで選ばれたと思います。
ただ、実は吉本の弱点は
「キャラクターではなくちゃんとネタの出来る女芸人」。
ほんとに女性の層が薄いです。
どうも、吉本は女性タレントを育てるのは苦手のようです。
しかし、プライドがあるのかなんなのか、
女性枠を作ろうと意図しているにもかかわらず、
他事務所の女性芸人をその枠で決勝へ出そうという気は
ないようです。
もっと面白い、能力の高い女性芸人は
ほかにいると思うのですが。
だから、去年の変ホ長調みたいにアマチュアから出すか、
吉本の薄い層から出さざるをえなくなる。
もしハリセンボンが優勝するようなことがあれば
ボクは赤っ恥ですが、実力的にあきらかに
一枚下だと思います。
そんなに飛びぬけたところがあるとは思えない。

8番手 ダイアン
関西からの刺客枠ってとこでしょうか。
正直、彼らの漫才が面白い面白くないは置いておいて、
こういうすかし系というか、テンションの低いタイプを
さらに増やしてどうすんねん! と思います。
どういう基準で選んでるんでしょう?
あまり東京でなじみのない大阪芸人選ぶなら、
もっとテンション高い、勢いのある、
出来ればベタに一直線に突き進めるようなタイプのほうが
目立つし、M1のステージのバランス自体もよくなる。
選ばれたダイアンには全く非はないのですが、
どうも、納得いかないものを感じてしまいます。
もっといると思うんだけどなあ。
とにかくこの芸風で、ラストの出番。
次に出てくる敗者復活組がどんな芸人だとしても、
テンションが高いことは明白で、
番組の流れ的に押されてしまい
流されてしまいそうな予感がありありです。

さて、敗者復活組ですが、
麒麟が上がってくるようなことがあったら、
さすがにもうM1はだめかもしれません。
いや、麒麟が見たくないわけじゃないですよ。
そうではなくて、ここで麒麟を上げたら、
何のために準決勝で落としたのかわからない。
なんか、予定調和の胡散臭さを感じてしまいます。
もう、吉本でいいから、勢いのある若手の抜擢を
お願いしたい。

以上、あとは審査員。
上沼恵美子はわかったけど、
あとどういう人が出てくるのか…。
| いまじん | お笑い芸人 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://imajin726.jugem.jp/trackback/774