無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
千原ジュニアの「題と解」
久しぶりに、本の紹介をしてみようと思います。
千原ジュニアの「題と解」(太田出版)

これは、ネット上の大喜利をまとめて、本にしたものです。
http://mycasty.jp/oogiri/
無名の一般ネットユーザーが、投稿してきたネタなのですが、
とっても深く、高度。

笑いといえば、相手を笑いものにする、
見下す優越感や差別感情から生まれるものだと考える人には、
ぜひこの本およびHPをぶつけてみたい。

まあ、そういう人にはどこがおもしろいのか
わからないのかもしれないけど。

それと、ネットならではのおもしろさもある。
つまり、ある題に対しての、誰かの解答。
それを踏まえたうえで、それをフリにしての
次の書き込みという、いわば連係プレーのようなものが、
まったく見ず知らずの同士で自然と行われていること。
(2chのおもしろいスレッドなんかもそうだけど)
センスが通じてしまうところが素敵ですね。

ボクが好きだったのは
題「『よくできました』などのハンコの言葉をもっと個性的にしたいと
考えた教師が作ったハンコは?」というのと
「島耕作シリーズでネタ切れに困った作者が始めた新シリーズとは?」
というもの。後者は連係プレーが利いていて、電車の中で
読んでて、思わずふきだしてしまったほどでした。

解答は実際に読むなり見るなりして、
確かめてみてください。

| いまじん | 書籍 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://imajin726.jugem.jp/trackback/78